CW ARCHIVES
池上彰特別講義
2012年11月29日(木) 編集論II
衆議院選挙の公示直前に、本学科の客員教授である池上彰先生の特別講義が開催されました。

一般聴講の方も多く来て下さったなか、ヨルダンの難民キャンプ取材から戻られたばかりの池上先生より、まずシリア内戦の状況が説明されました。現在、難民キャンプに食糧援助をしているWFP(国際連合世界食糧計画)は、難民たちの自立心を養うため、調理された食料を配るのを止めて、代わりに共同炊事場を作って食材のみを渡していることなど、直接現場にて見聞きされたさまざまなお話を聞かせていただきました。

アーティストや文学者を志すには、世界で今何が起こっているのかを理解し、
そのなかでどういった行動を起こせばいいのかを模索しなければなりません。
学生たちがこの講義を通じ、世界に目を向けた表現活動を行ってくれることを期待します。

(文:鵜飼慶樹)
| 2012.12.10 Monday | レポート | 投稿者:ukai |