CW ARCHIVES
Rocket Company 最後の休日
インターンシップ日記

インターンシップも残すところあと僅かになった最後の休日。この一週間のことを振り返ると、すごく内容の濃い毎日だった。そのため、疲労も溜まっていたが東京にはいろいろ刺激になるモノや場所があるから、出かけないわけにはいかない。

この日はインターンシップに行っている会社の方と一緒に大宮エリーさんのサイン会が開かれる紀伊国屋新宿本店へ。そこから、以前から気になっていた東京都現代美術館の『メアリー・ブレア展』を見るため、清澄白河に向かった。着いたのが遅い時間で、じっくりと作品を見られなかったが、それでも彼女独特の色合いや、動きのあるかわいらしい絵を間近で見られたのは感激だった。

その後、シュウゴアーツというギャラリーに向かう。米田知子さんの写真展が開催されており、バングラデシュで撮影された写真が飾られていた。彼女の作品はリサーチによって背景や見えない部分を明らかにしていく知的な試みが魅力なのだそうだ。先入観をもたないよう情報をあまり頭にいれずにギャラリーに行ったのだが、彼女の作品はひどく心をゆさぶられた。幸せそうな恋人たちを撮った写真は、儚げで終わりを感じて目がはなせない。帰りの電車の中で、彼女の作品をどう言葉にすればいいのか考えたが、抽象的な言葉しか出てこなかった。しかし、明確な言葉にしなければたくさんの人には伝わらない。より良い言葉を選び多くの人にモノの良さを伝える編集者になるには、たくさんの良いモノを見て、食べて、触って、その都度、言葉にする訓練をしなくてはいけないと思った。

電車の中、東京での日々とインターンシップ最終日の明日を思った。東京にきて良かったと思えたのは、視野が広がったこと。そして、人の優しさに気づいたこと。ROCKET COMPANYの皆さんは本当に優しく親切で温かい人たちだ。ちょうどインターン中に誕生日が被っていた私にお祝いもしてくださった。その優しさに、泣きっぱなしだった。仕事にも、職場にもやっと慣れてきた。なのに、もう別れの日。寂しさがこみ上げてきたがå、精一杯明日を頑張ろうと思った。泣かないよう、笑顔で「また合いましょう」と言えるように。


文・大賀由佳子(クリエイティブ・ライティングコース2回生)
| 2009.09.20 Sunday | インターンシップ日記 | 投稿者:takeuchi |