CW ARCHIVES
Rocket Company 1日目
インターンシップ日記 9月1日

インターンシップ前日、少し早めに東京へ着いた私は、書籍『TOKYO EDIT #1』を見るべく青山ブックセンターへ向かった。明日からお世話になる編集事務所を設立した、藤本やすしさんの著書だ。内容は、いろいろな分野で活躍するクリエイターのインタビューやカルチャーシーンを取りあげ、あらゆる視点から、いまのリアルな“東京”観を浮かびあがらせるというもの。地元の大阪で、何度か手にしたことはあった。でも、500ページほどのその本が、今日はいつもよりずっしりと重く感じられた。

 インターンを受入れていただいたROCKET COMPANYは、ファッションビルの立ち並ぶ表参道の並木道からほど近い通りの一角にあって、いつも人の往来が絶えない。インターン初日は、まず、ROCKET COMPANYの手掛けてきた雑誌や、ブックレットなどの説明を受けた。書店でよく見知ったカラフルな表紙を一斉にこちらへ向けられて、「ああ、この人たちの手がこの雑誌をつくっているんだ」という興奮と感慨で、なんだか頭がくらくらした。ROCKET COMPANYの仕事は、ファッション誌から学校関連の広報誌まで幅広い。整頓された本棚に並ぶ雑誌のバックナンバーの数が、そのことを何より物語っていた。

 情報量の多さと、実際に雑誌がつくられる現場にいる、という状況も相まって、結局その日、くらくらはなかなか引いてくれなかった。なかば熱に浮かされたようにして、任せられたインタビューの文字起こしをこなした。

文・静内二葉(クリエイティブ・ライティングコース3回生)

| 2009.09.04 Friday | インターンシップ日記 | 投稿者:takeuchi |