CW ARCHIVES
12/6 堀茂樹さん特別講義「言葉と人間」
―「言語はコミュニケーションの道具」って、ほんまか? ―
今年度さいごの特別講義は、堀茂樹さんをお迎えして、言語と人間、言語と社会をテーマにお話をしていただきます。文芸表現学科の学生は、百讀(ひゃくどく)の授業で、必ず『悪童日記』を読んでいますが、堀さんは『悪童日記』をはじめ『ふたりの証拠』『第三の嘘』とつづくアゴタ・クリストフの三部作の訳者としても有名です。特別講義につづいて、翌7日(金)の百讀にもご参加いただく予定ですので、学生の皆さんはこの機会を逃さないようにしましょう!

6日の特別講義は、一般の方も聴講歓迎ですので、ぜひお誘いあわせのうえご参加ください。

日時:2012年12月6日(木)18:30〜20:00
場所:京都造形芸術大学 NA412教室
申込み:不要・無料(一般の方も歓迎です)
問合せ:075-791-8039(平日9:00〜17:30)

ほり・しげき
1952年滋賀県生まれ。慶應義塾大学仏文科修士課程を修了後、フランス政府給費留学生として渡仏し、パリ第靴よび第限膤悗稜郢硫歡にて19世紀フランス文学と20世紀フランス思想史を専攻。帰国後、フリーの文芸翻訳者として、アゴタ・クリストフ(『悪童日記』三部作)、アニー・エルノー、ディディエ・デナンクス、ダニエル・サルナーヴ、シモン・レイス、ブリジット・オベールなどのフランス語作家を日本に紹介した。1995年に大学に復帰し、慶應義塾大学文学部准教授を経て、現在、同大学総合政策学部教授。「フランス語」のほか、「現代思想の世界」、「古典と現在」、「地域と社会(欧州・CIS)」といった科目を担当している。近々、ヴォルテール著『カンディード』の新訳を上梓する予定。


| 2012.11.29 Thursday | CW特別講義 | 投稿者:takeuchi |
11/29 池上彰さん特別講義
2012年11月29日(木)開催
「メディア論」の授業ゲストとして、池上彰さんをお招きし、最近の時事問題についてお話しいただきます。申込み不要、聴講歓迎ですので、ぜひご参加ください。

日時:2012年11月29日(木)5講時(16:30-17:50)
場所:京都造形芸術大学 NA413教室
申込み:不要・無料(一般の方も歓迎です)
| 2012.11.23 Friday | CW特別講義 | 投稿者:takeuchi |
特別ゲスト 石川忠司さん(文芸評論家・東北芸術工科大学 文芸学科教授)
2012年10月5日 辻井南青紀ゼミ

文芸評論家であり、東北芸術工科大学の文芸学科教授である石川忠司さんが辻井ゼミの授業に特別講師として来てくださいました。



この日は学生が書いた小説の合評会でした。
事前にすべての原稿を読んでくださり、合評に出た小説に何が足りないかといった貴重なご意見をお話ししていただきました。
なかでも、漫画や神話などの技法をいかにして執筆に活用するかというお話がとても印象的でした。


| 2012.11.01 Thursday | CW特別講義 | 投稿者:ukai |
11/22 ミシマ社三島邦弘さん特別講義
「出版という仕事」聞き手・近藤雄生
秋の特別講義第3弾は、ミシマ社の三島邦弘さんをお迎えします。出版について、また、働くということについて、お話を伺います。

クリエイティブ・ライティング特講
三島邦弘「出版という仕事」(聞き手・近藤雄生)
日時:2012年11月22日(木)18:00〜19:30
場所:京都造形芸術大学 NA412教室
申込み:不要・無料(一般の方も歓迎です)



三島邦弘(みしま・くにひろ)
1975年京都生まれ。2006年10月に、単身ミシマ社を東京・自由が丘に設立。「原点回 帰の出版社」を掲げ、「一冊入魂」の出版活動を展開中。 現在、7名のメンバーとともに、自由が丘と京都府城陽市の2拠点で活動。ジャンル を問わず、「面白い」本を出し続けること、そのために「小商い」に撤することを心 がけている。ミシマ社とミシマ社本の詳細はHPに掲載中。 http://www.mishimasha.com 著書に『計画と無計画のあいだ』(河出書房新社)


近藤雄生(こんどう・ゆうき)
1976年東京生まれ。工学系大学院修了後、2003年より妻とともに日本を離れ、 オーストラリア、東南アジア、中国、ユーラシア大陸の各地で、旅と定住を繰り 返しながら、ルポライターとして活動。2008年に帰国。その5年間の旅について のノンフィクション『遊牧夫婦』『中国でお尻を手術。』をミシマ社より刊行。 他の著作に『旅に出よう』(岩波ジュニア新書)。現在、紀行文のほか、ノン フィクション、サイエンス、エッセイなどの分野で執筆。京都造形芸術大学、大谷大学非常勤講師。

| 2012.10.30 Tuesday | CW特別講義 | 投稿者:takeuchi |
辻仁成 × 大宮エリー 特別授業 
2012年10月19日(金)
作家、脚本家、映画監督、演出家、CMディレクター、CMプランナーとして幅広く活躍されている大宮エリーさんをお迎えして、辻仁成との対談講義を行ないます。皆さまぜひお越しください。
また、京都のFOIL Galleryでは、大宮エリーさんの「思いを伝えるということ」展を今月28日まで開催しています。お時間のある方は、こちらもあわせてご覧ください。

日時:2012年10月19日(金)18:00-19:30
会場:京都造形芸術大学 人間館NA401教室


大宮エリー
1975年大阪生まれ。広告代理店勤務を経て、2006年に独立。映画「海でのはなし。」で映画監督デビュー。主な著書に、『生きるコント』『生きるコント2』(文春文庫)、絵本「グミとさちこさん」(講談社 絵/荒井良二)など。現在、サンデー毎日「なんとか生きてますッ」をエッセイ連載中。08年舞台「GOD DOCTOR」(新国立劇場)作演出。09年舞台「SINGER 5」(紀伊国屋ホール)作演出テレビドラマ「木下部長とボク」(総合演出・脚本)・「デカ黒川鈴木」(脚本)・「ROOM OF KING」(総合演出・脚本)・「三毛猫ホームズの推理」(脚本)・「the波乗りレストラン」(総合演出・脚本)・「おじいさん先生」(総合演出)・「サラリーマンNEO」(脚本参加)PV「群青」(スピッツ)・「男女6人夏物語」(ケツメイシ)・「ADDRESS」(山崎まさよし)・「オアシス」(ハナレグミ)他。

東京は渋谷パルコミュージアムにて1万人以上を動員した体験型のインスタレーション「思いを伝えるということ」展が現在、京都を巡回中。フォイル・ギャラリー&カフェマーブルにて28日まで。(http://www.foiltokyo.com/gallery/upcoming.html

公式HP:http://ellie-office.com/

| 2012.10.11 Thursday | CW特別講義 | 投稿者:takeuchi |
ユトレヒト江口宏志さん 特別講義
世界のインディペンデント・パブリッシング事情
ユトレヒトの江口宏志さんをお迎えして、特別講義を開催します。聴講歓迎ですので、興味のある方はぜひご参加ください。

会場:京都造形芸術大学 人間館 NA406教室
※この講義は、文芸表現学科の授業「文芸論III」(担当:村松美賀子)を、特別公開して実施します。小さめの教室ですので、聴講希望者多数の場合は、入室をお断りすることもあるかもしれません。あらかじめご了承ください。
お問合せ:075-791-8039
日時:2012年10月17日(木)13:10-16:30


| 2012.10.04 Thursday | CW特別講義 | 投稿者:takeuchi |
特別ゲスト 由利耕一さん(編集者)
辻井南青紀ゼミ

昨年の特別講義の授業にゲストでお越しいただいた、由利耕一さん(講談社・編集者)が、今日の辻井ゼミの授業に特別講師として来てくださいました!
2011年9月9日 辻井ゼミ ゲスト/由利耕一さん

今日のゼミは、作品の合評会でした。
由利さんは、事前に学生の作品をすべて読んできてくださり、
編集者目線で、いろいろと貴重な意見を言っていただきました。

2011年9月9日 辻井ゼミ ゲスト/由利耕一さん
学生も聞き漏らさないよう、真剣に由利さんのお話に耳をかたむけていました。
| 2011.09.09 Friday | CW特別講義 | 投稿者:takeuchi |
松村貴樹「ニュートピア的」
2011年1月14日(金)クリエイティブ・ライティング特講
CW特講 松村貴樹
4年間つづけてきたクリエイティブ・ライティング特講も、今回でいったん終了となります(連続講義ではなくなりますが、シンポジウム的には今後も続けていく予定です)。最終回は学生企画として、編集者の松村貴樹さんをお招きします。一般公開もしていますので、ぜひご参加ください(要申込み/有料)。

日 時:2011年1月14日(金)16:30〜17:50
会 場:京都造形芸術大学 人間館NA401教室
料 金:一般1,000円(各回)/本学学生無料
申込み:一般のお客様は、エクステンション講座へお申し込みください。

<講師プロフィール>
IN/SECTS編集長/LLCインセクツ代表。1976年生まれ。21歳で単身渡米、ニューヨークで5年過ごす。帰国後、フリーランスを経てLLCインセクツを設立。2009年の春、「IN/SECTS Magazine」を創刊し、現在、「ローカル・アート」を特集した002号が発売中。
| 2011.01.11 Tuesday | CW特別講義 | 投稿者:takeuchi |
小野正嗣「読むことと書くこと」
2010年10月1日(金)クリエイティブ・ライティング特講
2010年後期のクリエイティブ・ライティング特講第1回は、作家の小野正嗣さんをお招きして、お話を伺います。一般公開もしていますので、ぜひご参加ください(要申込み/有料)。

日 時:10月1日(金)16:30〜17:50
会 場:京都造形芸術大学 人間館NA401教室
料 金:一般1,000円(各回)/本学学生無料
申込み:一般のお客様は、エクステンション講座へお申し込みください。

<講師プロフィール>
1970年大分県生まれ。作家。明治学院大学専任講師(現代フランス語圏文学)。パリ第8大学文学博士。著書に、『にぎやかな湾に背負われた船』、『森のはずれで』、『マイクロバス』、『線路と川と母のまじわるところ』、『浦からマグノリアの庭へ』、『夜よりも大きい』など。訳書に、マリー・ンディアイ『ロジー・カルプ』、エドゥアール・グリッサン『多様なるものの詩学序説』、また、小沢自然との共訳で、V・S・ナイポール『ミゲル・ストリート』、アミタヴ・ゴーシュ『ガラスの宮殿』がある。

| 2010.09.30 Thursday | CW特別講義 | 投稿者:takeuchi |
学生企画特別講義 五所純子さん
「言葉のゴースト・ジョッキー」6月11日(金)16:30〜17:50
今週の特別講義は、学生企画です。CWコース3回生の永江大くんが企画し、文筆家の五所純子さんをお迎えします。講義のなかで、ブログ作成なども行う予定とのこと。ライブ感あふれる授業になりそうです。この授業は一般にも公開していますので、興味のあるかたは、本学エクステンション講座にお申込みください(一般1,000 円)。
| 2010.06.09 Wednesday | CW特別講義 | 投稿者:takeuchi |